FC2ブログ

Strawberry Tiara

水咲 さくら妄想日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放っておくと浮気しちゃうよ…?!! と、 暗い話



今日ドクターXを見ていた影響もあるのですが…。

mixiで友達が
再放送して欲しいアニメに
君が望む永遠を挙げていたので、
ふと浮かんできた話なのですが…。

かなり暗い話なので折りたたんでおきます。
人死にネタなのでご注意下さい。
゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*


それとは別に、ここ数日書いている大人な蔵馬ネタも続けて語っておきます。


゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*


゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*
暗い話の方です。

ある日飛影が妖怪の不意打ちを食らって、油断した隙に大けがを負ってしまう。
百足までかなりの距離がある丘で、
飛影が戻るの速さを持ってしても、台風のような強風の中では遅くなってしまい、
結局百足の中で
治療されても、目をさまさない状態になってしまう。

それを知った蔵馬が薬を作って毎日飛影の傷に塗りに来る。

真っ白い病室の中で、
蔵馬は毎日飛影の薬を届けに来る。

蔵馬も仕事もある日常の中で迎えに来るため疲れているが、10日ほどそれを続けている
うちに、段々顔色も悪くなってくる。
(一応食事はしているが、軽いものだけ)

そうしてきっちり2週間立った日、飛影の心臓…と言うか、核が止まってしまう。

蔵馬は興奮して、
起きてよ!!!ねえ、起きてよ、と、飛影の身体を揺らして
涙が止まらないままに叫ぶ。

3時間ほどそうやって興奮していた蔵馬だが、疲れ果てて
途中で時雨が睡眠剤を飲ませる。

蔵馬は二日後目をさますが、
飛影は!?どこと言って、現実を受け止められない。

躯や時雨が何度言っても、飛影は居るんでしょ、と言って手を彷徨わせる。
蔵馬もかなり貧血気味と栄養不足なので、
めまいを起こしてしまうのだが、それでも、飛影はと言って、現実を認めようとしない。

毎日それを繰り返して、
ある日、どうしても外せない用事が出来て躯と時雨が外出する。

蔵馬はその隙に、飛影が居ないはずはないと言って
百足を抜け出す。
その蔵馬の気配を感じた黄泉が、蔵馬の口を後ろから塞いで自分の要塞に連れて行ってしまう。

辞めろと言ってもがく蔵馬を無理矢理抱くのだが、
途中で蔵馬は抵抗しなくなり、ただ涙を流すだけになる。挿入されても、あえぎ声は出すが、
目がうつろで、黄泉を拒否するでもなく、心変わりでもなく、ただ揺らされている。
あのガキが居ないことはそんなに寂しいか…と、
黄泉はギリ、と唇を噛む。
悲しいのか悔しいのか、黄泉も戸惑っている感情に襲われる。
忘れさせてやる…と言って、蔵馬に毎日食事を持ってきて、食べさせる。
(放っておくと蔵馬は食べようとしないので)
それもそれでぼんやりと受け止める蔵馬。

夜は黄泉は蔵馬を抱くが、一応蔵馬は感じる声は出すが、
途中からは毎回、行為に意識が移らなくなってしまっていく。

ただ、蔵馬が、身体に力が入らないことと、飛影が居なくなったことで
全力で抗う余裕が無くなった所為で、蔵馬はそれを受け入れている、と言う感じ。

黄泉も黄泉で、頭では分かっているが、蔵馬を手放す気持ちが生まれるほど大人にはなれない。

ある日、蔵馬が黄泉の腕の中でもがき出す。
飛影、飛影に会わせて、と藻掻いて嗚咽を漏らして意識を失う。

黄泉は蔵馬にそうっと毛布を掛けてベッドに運ぶ。
その次の日、幽助がやってくる。

蔵馬の身体が心配なので、自分の国に連れて行く、と言い出す幽助。
黄泉の蔵馬には北にあるため、寒さで弱ってしまう、と言い出す。
黄泉はそんなことは認めない、と言うが、
”蔵馬だって、ギリで仲間になったヤツの元にいるんじゃ、安心できないだろう”と
幽助が言う。一瞬怯んだ黄泉の脇を通って、蔵馬を運び出す。

幽助の国で、空調なども調節された部屋に蔵馬は寝かされた。

ぼんやりと目をさました蔵馬は、幽助に片手を伸ばして、幽助…ごめんね…心配させて…と
言って一筋涙を流す。

眠ってしまった蔵馬に、幽助は
待ってるから…と言う。
お前が自分取り戻すの待ってるから…と言って額にキスをする。

゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*

ハッピーな終わりは描けない話です、すいません…。

この後幽助に乗り換える、と言うか幽助に絆されていくと言うのもありかなと思いました。

人は一人では生きていけないし、傷ついたときは誰か、自分を認めてくれる人が居る
方が良いと思うので、もし蔵馬が飛影から乗り換えても、それはそれで…と思いました。

でも黄泉に乗り換えはナシ!です…。

゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+

あらすじを書いていて何だか気持ちが暗くなってきた…自分で書いた癖に。

゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*

大人な蔵馬の話し。

飛影と半年もあっていない、と言うので、
百足で何をしているんだろう、寂しくないのかな、
どうして飛影はいつまでも百足にいるんだろう、国家はなくなったのに、
あなたも居場所は二つあるの?とか考えてしまって、

放っておくと浮気してしまうよ…と思って鏡の前で、下着になって
自分の身体を抱きしめる。

ほら…ここに、首筋にあなたの吐息を思い出すことが出来るよ、と言って
蔵馬は項をなぞる。
そうしている内に、飛影の吐息を感じるような気持ちになって…下に手を…と言う。


一人でするときは、長い黒髪が頬に張り付いて、その張り付いた髪に、涙が重なって、
妙に色っぽいと良いと思います。

シーツが、胸とお尻と半分くらい出した形で身体を覆っていると良いと思います。

最中に顔を横に向けて居るといいと思います。

゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*


スポンサーサイト

左サイドMenu

Entry

Archive

右サイドメニュー

Calendar

10月|2018年11月|12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

 

Profile

水咲 さくら
[author]
水咲 さくら
[profile]
同人誌の1コンテンツとして存在しているblogです。ホームはhttp://www.geocities.jp/cherspr/です。
幽白の飛影×蔵馬中心の蔵馬受け小説サイトです。声優の水樹奈々ちゃんの大ファンです。フィギュアスケートも大好きでその日記も多いです。民主党中国韓国が大嫌いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。